ポラリス育毛剤の発毛実践日記

フィンペシア(フィナ)や発毛剤ポラリス(ミノキシジル育毛剤)を使った育毛を目指す実践日記や発毛効果、効能などのノウハウを記録しています。

【発毛剤】ポラリス(Polaris)の豆知識

ミノキジジルは、発毛促進に欠かせない攻撃型のアイテムといえる発毛剤です。ミノキジジルは男性型の薄毛に効果が高いことは有名ですが、国内の商品だとリアップだけが認められている成分です。

しかし、安全面に厳しい障壁がある日本なので、リアップでも高濃度のミノキシジルは未だ配合されていません。改善されて濃度の高いリアップの新商品とか登場していますが、それでもかなりの低濃度ですw海外商品だと5年以上前の含有量(濃度)です。

海外の「ミノキジジル」配合商品では、Rogaine(ロゲイン)やカークランド、ザンドロックスなどが発毛剤として有名ですが、その配合率や濃度、匂い、ベタベタ感、塗布の仕方などは各社で異なります。そして、海外では現在5〜10%のミノキジジル濃度の商品が一般的です。(日本で有名な初期のリアップのミノキ濃度は、驚愕の0.5%と、ふざけた超高額商品でしたw)

海外の物は匂いとか気になるものが多かったり頭皮に刺激があったりする商品も多いので、新しい商品を試す時は少量の物で試した方が良いと思います。

リアップやロゲイン、ザンドロックスなども試しましたが、今は「ポラリス(Polaris)」に腰を据えてリピーター化しています。何よりも、ポラリスは、高濃度のミノキジジルで、匂いも気にならないし、アルコールの刺激もなく、ベタつきもない。さらに輸入代行店で値段も安く購入できるのでかなり重宝しています。

しかも、怪しい会社と思いきや、、、ポラリスの製造会社ってアメリカの上場会社なのです。発毛の研究機関との多くの提携で画期的な育毛法や発毛剤のアイテムを作っている会社で、全米でかなり注目を集めている企業らしいです。(僕もかなりリピート購入しているので貢献してますねw)

ポラリスの特徴

匂い:海外商品で良くありがちな臭い匂いは全くしません。他のミノキ含有商品と比較すると無臭に近いと思います。

刺激:ノンアルコールなので刺激ほぼなし。

価格:他のミノキシジル含有量より濃い濃度で格安でもある。

※個人的な体感です。

ポラリスの種類と比較

  • NR07ミノキシジル5%+りんごポリフェノール、アゼライク酸2%、Lリジンなどのアミノ酸、etc...
  • NR08ミノキシジル7%+りんごポリフェノール、アゼライク酸5%、銅ペプチド、etc...
  • NR09ミノキシジル15%+りんごポリフェノール、銅ペプチド、etc...
  • NR10ミノキシジル16%+フィナステリド0.1%、コラーゲン、エラスチン、etc...(クリームタイプ)
  • NR11ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%、アルフォトラジオール0.05%、etc...

沢山の種類がありますが、朝と夜で使い分けたりすると、足りない成分を補えたりするのでおすすめです。僕は、朝はNR07、夜はNR09という組み合わせで育毛活動(育活)していますw

新しい塗りミノキ、ポラリスNR11も購入しました。>>ポラリスNR11の体験記

このシリーズの中で唯一他と大きく違うのがNR10です。これは他のポラリスNRシリーズと同じように液体ではあるのですが、かなりドロドロとしているクリーム状になっています。なので、慣れてないと頭皮に塗りにくかったり、寒い場所に置いておくとプッシュボタンをシュコシュコ押しても出難いケースもあります。ただ16%の最高濃度のミノキシジルであり、これでもかってくらい育毛有用成分が入っている点は捨てがたい良い商品なのは間違いないです。

ミノキシジル配合商品も、継続が重要なので、チリも積もると高いとこで購入していると相当な金額を損をすると思います。良い商品を最安値で購入して、バカにならない育毛費用も抑えていきましょう。ほとんどの海外商品をこの海外輸入代行店なら最安値で購入できます。

ポラリスシリーズの評判や口コミってどうなの?

公開日:
最終更新日:2016/08/02